Loading...

おーたふる 大田区商店街ナビ|国際都市大田区の魅力的な商店街

おーたふる 大田区商店街ナビ|国際都市大田区の魅力的な商店街OTAFURU

特集 / Feature

大田区のさまざまな魅力を発信

2021.11.13

田園調布で見つけた!手土産やギフトにぴったりな人気のお菓子6選

緑豊かで美しい街並みが印象的な“田園調布”。「日本資本主義の父」渋沢栄一が理想の住宅地を目指して開発した地でもあります。

彼の想いが詰まった街の駅周辺には、手土産にぴったりの上質な逸品が手に入る人気店が数多くあります。そこで今回は、バラエティ豊かな6軒の名店をご紹介。本物志向の方や、大切なあの人へのギフトを買いに、ぜひ田園調布へお出かけしてみてくださいね♪

“シンプルイズザベスト”な「SAVEUR」の洗練されたクラシカルなバターケーキ

「SAVEUR(サヴール)」は“私の身近にあった憧れ”をコンセプトにした洋菓子店。2020年10月10日のオープン以来、多くの人々が足を運ぶ大人気店です。
田園調布商店街の坂を下ると、眩しいほど真っ白な洗練された外観がお目見え。建物の前に立つと、まるでヨーロッパの街角にやってきたような気分になります。

店内も外観同様、ハイセンスかつとてもシンプルな内装。販売しているスイーツも、バターケーキ、サブレ、ジャムなど、厳選に厳選を重ねた数品のみがディスプレイされています。

看板商品の「ガトー・ア・ラ・クレーム」(518円〜)は、バタークリームをふんだんに使用したケーキ。コク深いのに口当たりは軽やか・・・クラシカルなスイーツでありながら、他のバターケーキとは一線を画す真新しさも感じる一品。こだわりのある方への手土産に最適です。

フレーバーは定番のバニラとモカの他にも、季節ごとに限定フレーバーが登場。思わず全種類食べたくなってしまう魅惑の逸品です。

【スポット情報】
商店街名:田園調布商店街振興組合
店名・施設名:SAVEUR(サヴール)
住所:大田区田園調布2-51-1
定休日:水曜
Web(URL):http://saveurbonjour.com
お問い合わせ先:03-5483-0071
営業時間:10:00〜19:00

種類豊富なラインナップが魅力!創業昭和7年の老舗「あけぼの菓子舗」

駅から徒歩約1分の場所にある「あけぼの菓子舗」は、1932年創業。約90年もの長きにわたり、街の人に親しまれている老舗の和菓子店です。

店内には、生菓子、焼き菓子、季節のお菓子などの和菓子がずらり!
お菓子は店舗内の工場で製造しており、伝統製法や季節感にこだわりながら年間100種類以上の商品を提供しています。

特に大切にしているのは“餡づくり”。上品な甘さが特徴の自家製餡は、創業以来変わらぬ製法で職人さんが炊き上げています。
風味豊かな黄身餡を焼き上げた「季菓田園調布」(260円)や大粒の北海道産小豆をしっとりとした生地で挟んだ「どら焼き」(270円)、多摩川の清流を模した「多摩の瀬」(200円)も注目の品々。風味だけでなく、タイトルやパッケージにも工夫を凝らした種類豊富な名菓は、どなたにも喜ばれること請け合いです。

【スポット情報】
商店街名:田園調布商店街振興組合
店名・施設名:あけぼの菓子舗
住所:大田区田園調布2-51-8
定休日:日曜
Web(URL):https://www.akebonokashiho.net
お問い合わせ先:03-3721-8886
営業時間:9:00〜18:30

“レトロカワイイ”が凝縮された「ROZA洋菓子店」のチョコレート缶&クッキー缶

“レトロカワイイ”手土産をお求めの方は、ぜひ「ローザー洋菓子店」に足を運んでみてください。 丸みを帯びたひさし、看板のロゴ・・・佇まいからもレトロな雰囲気が漂うこちらのお店は、ロシアチョコレート、クッキー、バタークリームケーキの専門店です。

人気の秘密は、なんといってもパッケージのかわいさ! 約10種類のチョコレートがぎっしり入った「ミックスチョコレート」(3,800円〜)は、包み紙も缶も、思わず見とれてしまうほどキュートなビジュアルです。

「ミックスクッキー」(3,800円〜)も要チェック。バターの風味豊かなクッキーは、ひとくち食べるごとに心がほっこりと温かくなるような味わい。見た目も美味しさもバツグンなので、手土産として持参すれば一段と楽しい時間が過ごせるはずです♪

【スポット情報】
商店街名:田園調布商店街振興組合
店名・施設名:ローザー洋菓子店
住所:大田区田園調布2-48-13
定休日:日曜・祝日
Web(URL):https://roza-denenchohu1954.jimdofree.com
お問い合わせ先:03-3721-2662
営業時間:10:00〜18:30

イチオシは手焼き煎餅。甘いお菓子以外の手土産なら「しらはま」にお任せ♪

「しらはま」は昔ながらの手焼き製法が自慢のお煎餅屋さん。お店の前にやってくると、醤油のほのかな香りが感じられます。

お煎餅と一括りにいっても、種類は多岐に渡ります。店内には手焼き煎餅のほかにも、あられや薄焼き煎餅など50種類を超える品揃え。
中には「ゴボウサラダ」(378円)や「チーズファルシー」(594円)など、バラエティに富んだ品々も並んでいます。

おすすめはなんといっても、店内で一枚一枚焼き上げた国産うるち米使用の「手焼き煎餅」(97円〜)。10種類以上から選べる味は、大粒を用いたザラメ、パンチのある風味のにんにく、オーソドックスな醤油など。
ギフトボックスでも単品でも購入可能なので、シチュエーションに応じてお好みのチョイスを楽しんでくださいね。

【スポット情報】
商店街名:田園調布福徳商店街振興組合
店名・施設名:しらはま
住所:大田区田園調布2-35-12 桜アヴェニュー田園調布1F
定休日:日曜・月曜(臨時休業あり)
お問い合わせ先:03-3721-6415
営業時間:10:00〜17:00

巧みなスパイス使いに脱帽! 「COTYLEDON」の絶品焼き菓子詰め合わせ

フランス語で“双葉”という意味の店名を冠した「COTYLEDON(コティレドン)」は、スパイスの香りを活かした洋菓子を提供するカフェ&ケーキショップです(現在カフェは休業中)。
緑をふんだんにあしらった店内はゆったりとした空間で、のんびりとお買い物を楽しむことができます。

人気を博しているのが、自由に選べる焼き菓子の「ギフトセット」。6種類のボックスからお好みのサイズを選び、お好みの組み合わせをセレクトできるのがうれしいポイントです。(箱代160円~、袋付き)。
フランスの伝統菓子を独自にアレンジした焼き菓子はどれも絶品!ワインや洋酒のお供にも最適なので、お酒が好きな方への手土産にもぴったりです♪

“大田のお土産100選”にも選ばれた渾身の一作「レーズンサンド」(350円)は、グルメな知人へのお土産に最適で、持ち歩き時間が短い方は、ケーキ類も必見です。

【スポット情報】
商店街名:田園調布福徳商店街振興組合
店名・施設名:COTYLEDON(コティレドン)
住所:大田区田園調布2-20-13 ハイム田園103
定休日:火曜
Web(URL):https://www.instagram.com/cotyledon___d
お問い合わせ先:03-6459-7798
営業時間:11:00〜18:00

まんまるフォルムにキュン♡ 「est Panis」の名物あんバター

まるで絵本の世界から飛び出したようなキュートなお店「est Panis(エストパニス)」は、夕方にはほぼ全てのパンが売り切れてしまうほど人気のベーカリー。人気の秘密は、外はカリッと、中はふわふわに焼き上がるという“りんご酵母”にあります。

店内は、こぢんまりとした空間ながら圧巻の品揃え。パンやサンドイッチの他に、食通のオーナーが厳選したオイルや希少な塩、調味料などが購入できます。

数あるパンの中でも特におすすめしたいのが、「あんバター」(1個249円)。あんとバターがたっぷり挟まったまんまるキュートなフォルムがとても愛らしく、マリトッツォが流行する以前からこの形状で販売していたそうです♪
定番フレーバーはあんことほうじ茶あんの2種類で、春には桜あんも登場。甘さ控えめのあんとほんのり塩気があるバター、そして風味豊かなパンが三位一体となり、“口福”をもたらしてくれます。
“大田のお土産100選”に選ばれたカレーパンもあるので、幸せも一緒に届けられる手土産として、いかがでしょうか?

【スポット情報】
商店街名:田園調布福徳商店街振興組合
店名・施設名:est Panis(エストパニス)
住所:大田区田園調布2-23-4
定休日:日曜・月曜
Web(URL):https://www.instagram.com/akikoyokomori?igshid=1piq8i33491qh
お問い合わせ先:03-3721-5006
営業時間:10:30〜無くなり次第終了

今回ご紹介した6店は、いずれも駅から徒歩10分圏内。1日ですべてのお店を訪れることも可能です。6店舗を訪れたら、立派な〝手土産マスター〟になれるかも⁉︎






【関連記事】
本物志向のお店めぐりが楽しい!田園調布、再発見のさんぽ旅
渋沢栄一ゆかりの地。本格志向の店が集まる田園調布。その魅力を街で働く人に聞きました

商店街名 田園調布商店街振興組合

ホットワード