Loading...

おーたふる 大田区商店街ナビ|国際都市大田区の魅力的な商店街

おーたふる 大田区商店街ナビ|国際都市大田区の魅力的な商店街OTAFURU

おでかけ / Trip

大田区のおでかけスポット

2022.01.26

蒲田で現代アート『空家 二人』が届ける展覧会

京急線梅屋敷から徒歩6分『アート/空家 二人』をご紹介。
ここでは、隔月で現代アートの展覧会を開き、作品を販売。
毎回、10名程のアーティストが継続的に展覧会に参加し、作品が購入されると、次回作の価格が上がるという、独自の取り組みで運営しています。

NITO09
1万円から作品を販売し、購入されると次回作の価格が上がる、継続的な展覧会の9回目「NITO09」を開催。平面作品が充実しつつ、立体や映像作品も複数出展され、多様な形式が混在するアート/空家 二人らしい展覧会となっています。

時里 充 《リーディングリトルホーク・ローディングナンバー・ウェイティングボイス》

【開催日時】
2022年1月28日(金) – 2月21日(月)
金、土、日、月、祝日のみ営業 11時 – 19時
(2月13日はトークイベントのため16時30分まで)
【出展作家】
内田 涼、尾﨑 藍、倉知 朋之介、迫 鉄平、高橋 臨太郎、田中 義樹、時里 充、根本 祐杜、藤田 紗衣、松元 悠

藤田 紗衣 《DDD(warp)》

【トークイベント詳細】
2022年2月13日(日) 18時 – 21時 (受付開始 17時30分)
登壇者 迫 鉄平 松元 悠
司会 三木 仙太郎
要予約 ( https://nito20.com/exh/09talk )
定員 7名 (先着順)
参加費 600円 (ソフトドリンク付き)

【代表からのメッセージ】
本展から展覧会イメージをアーティストに依頼する試みを始めました。継続する展覧会という点を生かし、前回の展覧会イメージを受けて制作するというリレー形式で行います。
本展は坂本夏海が手掛けています。前回展のイメージから「解体」という言葉を連想し、作家オードリー・ロードの言葉「The Master’s Tools Will Never Dismantle the Master’s House」[1979](「主人の道具で主人の家を解体することは決してできない」 坂本訳)に着想を得て、ドローイングをコラージュしました。

展示会情報はこちら https://nito20.com/exh/exhibition#exhibition

○SNS
Twitter :  https://twitter.com/nitofutari
Instagram :  https://www.instagram.com/art_nito/
Youtube :  https://www.youtube.com/channel/UCc1_lse3Fei8xKJ23T0iHpQ/featured
Facebook :  https://www.facebook.com/アート空家-二人-105723281604890

店名・施設名 アート/空家 二人
最寄り駅 梅屋敷駅(京浜急行線)、京急蒲田駅(京浜急行線)
住所 東京都大田区蒲田3丁目10-17
Web https://nito20.com
お問い合わせ letter@nito20.com

ホットワード