東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

臼田坂下通り商店会

商店街案内

昭和28年(1953年)、臼田坂下のバス通りに商店会設立。約300mほどの通りの両側に75店舗が連なる商店街である。当時は互いに競合する店舗が多く、全店舗参加の大変な活気の中第1回の売出しが行われた。昭和36年(1961年)には電柱灯、昭和48年(1973年)には街路灯が完成した。商店会の事業も充実していて、朝市、各種イベント。会員同士の親睦事業も実施され隆盛期とも言える時代であった。

 

平成の時代に入り、じわじわと商店街が変貌していく。蒲田への区役所移転もあり、大店法の改定や規制緩和、少子高齢化、後継者不足など大きな社会構造の変化の中でいつの間にか廃業、空き店舗が目立つようになった。商店街としての機能が薄れて来ているのが現状である。

 

展望としては核となる店舗がなく、狭いバス通りということもあって集客はかなり厳しい。しかし個々の店の頑張りと新規加入に期待し、現状維持から再び活気を取り戻すべく努力したい。

大田文化の森交差点を新井宿特別出張所方向へ


商店街IDO027
商店街名臼田坂下通り商店会
最寄駅池上駅(東急池上線), 大森駅(京浜東北線)
住所東京都大田区中央1−4−4
電話番号03-3777-7340
FAX番号03-3777-7380
代表者溝口 悦夫

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)