東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

ジャーマン通り商店会

商店街案内

「山王本通りを明るい街、安全な街、美しい街にし、地域の方に愛され親しまれる繁華な商店街に育て上げなければ」と常日頃から心配し続けてきた同士が相寄り、昭和41年(1966年)7月6日に50名で山王本通り商店会を組織。同月19日に発会式を行いました。この街は終戦後開通した改正道路の両側にできた新しい街で、まだまだ空き地が多く街路照明がなく、交通安全設備、防火・防犯設備も不完全なままです。付近在住の皆々様、官公庁、都、区、区商連、近隣商店会の方々のご好意とご高配を十二分にいただいて、所期の目的を遂すべく会員一同張り切っております。(新しい商店会を発展させるメッセージから)

 

ある日突然町内にあったドイツ学園が横浜へ移転。その際、ドイツ学園、ドイツ国、ドイツ観光協会等より商店街名を自分たちにつけさせてくれと強く要請されました。ドイツ通り、ゲルマン通り等々候補は色々あり、こちらは困り果てて当時国会議員、前東京都知事の石原慎太郎氏に相談しました。当時石原氏の事務所も当商店会の会員だったのです。石原氏は即座に「日本人はドイツ語よりも英語の方が馴染みやすい」。その一言でドイツ人の意味のgermanを英語読みとし、「ジャーマン通り」に決定。「ジャーマン通り」の名付け親は石原慎太郎氏なのです。

 

当商店街はシャッターは降りておりません。6月第3水曜日の生ビール祭りは最高! がんばれジャーマン!


商店街IDO036
商店街名ジャーマン通り商店会
最寄駅大森駅(京浜東北線), 馬込駅(都営浅草線)
住所東京都大田区山王2−36−5
電話番号03-3772-0430
代表者本間 富男

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)