Loading...

おーたふる 大田区商店街ナビ|国際都市大田区の魅力的な商店街

おーたふる 大田区商店街ナビ|国際都市大田区の魅力的な商店街OTAFURU

グルメ&お土産 / Gourmet & Gift

大田区のご当地絶品グルメや土産など

2020.08.24

【手作りアイス】《大森》和菓子 金海堂 本葛アイス 

スイーツ

「くつろぎ 和菓子 金海堂」は戦後から75年あまり続く和菓子店。伝統の和菓子に加え、今は可愛いねりきりなどが話題を呼んでいます。こちらの夏の味は本葛で作る「葛アイス」! 和菓子屋さんならではの本葛で仕込む手づくりアイスです。昨年まではレモンミルク味のカップアイスのみでしたが、今年から棒タイプのあずき味、ぶどう味の2種が増えました。

余計なものは入れず、葛とフレーバーのみ。レモンミルク(カップ)200円、あずきバー180円、ぶどうバー160円

レモンミルクはさわやかな夏らしい味、ぶどう味はぶどうにもこだわったフレッシュテイスト、そして北海道大雪山農園と契約栽培している小豆を使ったあずき味は、深みのあるようかんを食べているみたい。不思議な食感です。モチモチ、シャリ、とお口の中が楽しい!

葛の特性で、暑さでボトボト溶け落ちることはなくぷるぷる感がよみがえるだけ。その食感も楽しいというお客様もいらっしゃるとか。無添加、こぼれないという点ではお子さんにもオススメです。

金海堂は現在葛アイスをこしらえる佐藤隆一さん(45)で三代目です。大学卒業後、この世界に入りました。山形出身の祖父、金海(このみ)さんが創業、二代目は現在「大森柳本通り商店街振興組合(通称ウィロード山王商店街)」理事長を務める一男さん(73)。時代もあり、家業のため大学を辞めざるを得なかった一男さん。今も現役で仕事をしているものの、メインは息子さんにゆずっています。
「私じゃそういうねりきりやまんじゅうは考えつかないからねえ。隆一ならではですよ」
と三代目の仕事をほめていて、素敵な関係だな、と感じました。

夏らしいねりきりが並びました。なんと素敵! ひとつ200円前後。

ねりきりは季節ごとに隆一さんが考え、形にするもの。今なら入道雲や蚊取りぶたなどが登場しています。季節感をとらえた素晴らしいフォルムが人気。お茶席が減ってねりきりの需要は減ったものの、自宅用やお土産に、とこのねりきりは人気。また、パンダやねこちゃんなどのじょうよまんじゅうは一見格闘技ボディの隆一さんが作っているとは想像もつかないくらいキュート! 若い女性が何個も買い込むのを目の前で目撃してしまいました(=^x^=) 

左:入道雲、中:線香花火、右:蚊取り線香
若い女性が爆買いしていた可愛いおまんじゅう😋

「小さな店だけど、直接お客さんの顔が見えて声が聞けるのがありがたいし、うれしいですね。励みにもなるし、改良するところにも気づかせていただきます」と隆一さん。今後も地に足をつけ、地元密着で新陳代謝も忘れず続けていきたい、と語ってくれました。

右:佐藤隆一さん、左:佐藤一男さん 首をかしげた角度が一緒♪

ずんだ道明寺など、他ではあまり見ないものやお酒にも合う絶品の豆大福等オリジナルの味、いろいろ。まだまだ続く夏、葛アイス買いにお出かけください。JR大森駅山王口から蒲田方面徒歩5〜10分、大森柳本通り商店街振興組合(通称うぃろーど山王商店街)です。東急バスなら山王三丁目バス停近く。8/8にOPENした大森山王ビールのHi-Timeの一軒隣です。

金海堂前にて。プルプル、もっちりのようかんを食べてるみたい。新しい食感かも!

くつろぎ 和菓子 金海
大田区山王3-1-3
営業時間 午前9時~午後7時
FB https://www.facebook.com/kinkaidoh/

商品名 葛アイス(夏限定)
商店街名 大森柳本通り商店街振興組合
店名・施設名 くつろぎ和菓子 金海堂
最寄り駅 大森駅(京浜東北線)
住所 大田区山王3-1-3
定休日 火曜
Web https://kinkaidoh.com/
お問い合わせ 03-3775-0373

ホットワード