東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[どこか懐かしく…魅力的!街と店と風景と]南六郷の太平湯〜地域の風景を描き脱衣場と浴場の間のアクセントに

おでかけスポット

新型コロナウイルスの感染拡大は、さまざまな商いに大きな影響を与えています。銭湯は緊急事態宣言の際は休業要請の対象にはならず、3密を防ぎながら時短営業などで対応してきました。

自粛が明けたある日、南六郷の太平湯を訪ねました。昭和レトロな雰囲気が残る太平湯の二代目店主、渡邉和雄さんは、「いやあ、コロナの関係でお客さんは減りましたね」と言います。およそ3年ごとに描き替えるという背景画は4月に新しくなったばかり。

背景画(男湯)

 

背景画(女湯)。背景画は2020年4月に出来上がりました

 

その太平湯に注目したのは、インスタグラムで脱衣場・浴室間のアクリルガラスに地元の風景を描いていることを紹介していたから。

描いているのは息子の渡邉大和(ひろかず)さん。きっかけは、2019年の秋に、男湯側に描いた「六郷水門」を題材とした風景でした。それまでは季節に見合った各地の風景を元に描いていましたが、「六郷水門」の絵柄を見たお客さんと会話が生まれ、「また地元の風景を描いてよ」との要望もあったとのことです。

脱衣場と浴室間のアクリルガラスに渡邉大和さんが描いた「六郷水門」

 

同じく「多摩川大橋」

 

店を手伝いつつ、作業療法士として病院でリハビリ職に従事している大和さん、「障害者雇用」に積極的に取り組んでいる川崎市の日本理化学工業株式会社の社風に感銘を受け、同社が制作している「kitpas(キットパス)」という画材を選びました。つるつるした材質に簡単に描くことができ、濡れ雑巾で簡単に消せることができるため扱いやすく、描き直しも苦にならないとのことです。

 

鉄橋を渡る京浜急行車両の姿も

 

時代を感じさせる体重計

 

スターウォーズに出てくるロボットを思い起こさせるような女性用ドライヤー

 

地域の風景を描いた絵が浴室と脱衣場の間のアクセントになっています

 

脱衣場のロッカー

 

明治のパイゲンCは乳酸飲料ですが、今は国内に商品として存在していません

 

銭湯ならではの、変わらない風景もいいものですが、近所にある銭湯に興味・関心を持ってもらえる幅を広げていきたいと大和さんが絵を描き、それを定期的にSNSに公開しています。

絵の内容は1〜2か月ごとに描き替えるとのことで、次はどこを描くのかも楽しみです。街にある「どこか懐かしくて、魅力的な」場所、銭湯をあらためて楽しんでみてはいかがでしょうか。

スチームサウナ室はフィトンチットを噴射し、人工的に森林浴が出来ます。
様々な天然鉱石を粉砕粉末状にした石版タイルを湯船に設備した岩盤泉を体験することができます。

近くには水門通り商店街、雑色商店街があり、併せて買い物やグルメをお楽しみください。

 

太平湯

営業時間:15:30〜23:00

定休日:毎週水曜+月1連休

入浴料:大人470円、中人(6歳以上12歳未満・小学生)180円、小人(6歳未満・未就学児童)80円(料金は税込)

大田区南六郷1-5-17

03-3738-1665


店名・施設名太平湯
最寄駅雑色駅
住所東京都大田区南六郷1−5−17
WEBhttp://ota1010.com/explore/太平湯/
お問合わせ03-3738-1665
定休日水曜日

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)