東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[蒲田]意外に身近で見られる香りに関する歴史的に貴重な名品 高砂コレクション・ギャラリー

おでかけスポット

大正9年(1920年)、今から100年前は蒲田の街の歴史にとって重大な年だった。まず6月に松竹キネマ蒲田撮影所が当時の東京府荏原郡蒲田村に開所された。また同年2月に創業された高砂香料工業株式会社の本社が7月に撮影所に隣接する敷地に本社を移した。

だから今年2020年は撮影所開所並びに高砂香料の創業100周年になる。

撮影所は昭和11年(1926年)大船に移転し、その跡地を高砂香料が購入し工場を建設、それから時を経て高砂香料の工場移転に伴い、近隣の公園などを含んだ敷地全体の再開発計画が大田区や民間企業によって進められ、平成10年(1998年)にニッセイアロマスクエア、大田区民ホールアプリコが完成した。

現在、日本最大の香料メーカーである高砂香料工業の本社はニッセイアロマスクエア17Fにあるのだけど、ここに、日本の香り文化を伝える香道具、香炉、香合をはじめ、古代エジプト、ギリシャ・ローマ時代の香油瓶、イスラム時代の18〜19世紀の磁器やガラスの香水瓶など同社が収集してきた貴重な文化遺産の一部を展示している「高砂コレクション・ギャラリー」がある。

それほど大きくはないけど、ダリの作品やマイセンの子犬の香水瓶など小さいながらもじっと見ていて飽きの来ない名品や、国宝の香道具、香料素材などを多数見ることができる別世界感覚の空間です。平日しか見られないのがちょっと残念ですが、蒲田東口商店街、蒲田西口商店街、蒲田本町商店会など、近隣の商店街を巡りつつ目の保養に出かけてみては。

●高砂コレクション・ギャラリー

大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア17F

営業時間:午前10時〜午後5時(入室は閉室の30分前まで)

定休日:土日祝日、年末年始、会社休日

入場無料

問合せ ☎︎ 03-5744-0511

*10名以上の場合は事前予約が必要


店名・施設名高砂コレクション・ギャラリー
商店街名ニッセイアロマスクエア
最寄駅蒲田駅
住所東京都大田区蒲田5−37−1ニッセイアロマスクエア17F
WEBhttps://www.takasago.com/ja/museum/index.html
お問合わせ03-5744-0511 
定休日土日祝日、年末年始、会社休日

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)