東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[たまごサンドの誘惑]グランデュオ蒲田《1.2.3.CLUBHOUSE》たまごサンド3種

グルメ,お土産,逸品

JR蒲田駅ビル、グランデュオ蒲田の東急プラザ側通路に、なぜか5年くらい催事を続けるサンドイッチ屋さん「1.2.3.CLUBHOUSE」があります^^

ここのたまごサンドは3種。「ふつーのツナタマ」180円(税込)・「あぶり豚たっぷりタマゴ」220円(税込)・「鳥のつくねハンバーグと厚焼タマゴ(からしマヨネーズ入り) 鶏と卵で二世帯サンド」240円(税込)

定番から限定まで飽きさせないラインナップ。近寄ってじっくり見てみましょう。

 

具がたっぷりで安いのが「通路のサンドイッチ」の魅力。会社や学校の行き帰りに買いやすいから、ひっきりなしにお客さんが立ち寄ります。

こちらがたまごサンド3種の顔。各々たまご感が違うのが分かります。ステキ!

 

「厚焼タマゴ〜」は甘みのない食事系。手作り感のある厚焼タマゴはだしがほのかに感じられて歯ごたえも楽しい。

「あぶり豚〜」は蒲田の店長さんイチオシ! 甘じょっぱい豚肉とクリーミーなたまご感がナイスな組合せ。

「ふつーのツナタマ」は定番人気のお得たまごサンド。リクエストしてくれたお客様Thank youのグッドコンビネーションツナ&たまごです。

迷ったらとりあえずこれ! ふつーに美味しいが一番ですね!

 

「通路のサンドイッチ」、母体の「小菅製パン」は千葉県流山市の製パン会社です。給食用パンの製造からスタートし、現在も小中学校など月産130万食以上卸す老舗のパン屋さん。確かに、懐かしの給食パンの食感。もっちり、ずっしり、ほのかに甘くてどんな具も受け入れてくれる美味しさです。

3斤200円!!!!!🍞🍞🍞 税込です。好きな厚さにスライスして召し上がれ〜⭐️ 

 

2015年に登場当初は「小菅製パン」と表記があったのみ。それがだんだん小さくなり(気のせい?)、店名は「1.2.3.CLUBHOUSE」ということが判明。最近は看板も新しくしてキラキラな印象に変貌しました。いまだに自社サイトの住所表記はJR蒲田駅構内 コンコース内ですが、触れちゃいけないタブーなのでしょうか?(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

「学割鬼メンチバーガー」200円(税込)や顔より大きい「ジャンボメロンパン」250円(税込)、味も量も大満足!❤️

 

現在3種あるたまごサンド、今後増えるか減るか、もしくはアレンジされるかは未定ですが、3種どれも人気者! ぜひ味わってみてください。


1.2.3.CLUBHOUSE

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-68-1 グランデュオ蒲田

03-5713-6000

営/6:30〜21:00
定休日/グランデュオ蒲田に準ずる
価格は税込(2020年3月現在)

http://kosugepan.com/


商品名ふつーのツナタマ等
商店街名グランデュオ蒲田
店名・施設名1.2.3.CLUBHOUSE
最寄駅JR蒲田駅
住所〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-68-1 グランデュオ蒲田
WEBhttp://kosugepan.com/
お問合わせ03-5713-6000
定休日グランデュオ蒲田に準ずる

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)