東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[たまごサンドの誘惑]大森《喫茶ヤグマ》たまごサンドイッチ

グルメ,お土産,逸品

喫茶ヤグマは30年ほど前に開業。お隣で昭和26年から営むお米屋さんの奥さん、山崎芳枝さんが始めました。

メニューの中でもさすがお米屋さん「おにぎり」が人気🍙✨ だけどサンドイッチも負けてない🥪❤️ どちらも一度食べたら後引く味なのです。

使うパンはロイヤルブレッドの青。やわらかくてふわふわの食感が具材を引き立てます。喫茶店のサンドイッチではよく使われるパンです。

 

ゆで玉子を和えるマヨ多め、パンにもマヨたっぷり。そしてチョッピリ辛子を効かせるのがママの味。きゅうりは食べるときにはみ出ないよう一口大に切ってある。こうした心配りがうれしいのです。

「たまごサンドイッチ」600円 お食事の方はコーヒー300円、アイスコーヒー350円 ※すべて税込

 

片手でもつかみやすい小ぶりなサイズ。お口にも入りやすく食べやすい。美味しさもダイレクトに伝わるというものです! サンドイッチ全体で食パン3枚ぶんはありそうだけど、ペロリといけちゃいます😋 ママの魔法か不思議に美味しいサンドイッチ✨

イエローとグリーンのコントラストが食欲をそそります。シンプルながら萌える断面。

 

コーヒーはもちろんどのお食事もとびきり美味しいヤグマだけど、たまごサンドも一食の価値あり!

ぜひ食べてみてほしいMENUです。

時々フルーツがつくことも。そんな日はラッキー 何かいいことありそうです。

 

喫茶ヤグマはJR大森駅東口、あるいは京急平和島駅から歩いて15〜20分。ユニクロ大森北店がある沢田通り沿いに位置します。歩きでないなら京急バス「大森北四丁目バス停」が便利かもしれません。

ヤグマ……このインパクトある名前は、江戸時代の地名に由来するとか。谷熊と書きます。

テーブルのみ14卓。漫画・新聞アリ。まったりくつろげる雰囲気です。

 

よく昭和喫茶と言われるけど、OPENは平成。お花やディスプレイなど季節感を大切にした飾りを絶やさないママさんの心づかいがうれしい喫茶店です。味とボリューム、両方満たしてくれますよ!


喫茶ヤグマ

〒143-0016 東京都大田区大森北4-25-12谷熊ビル

03-3761-7012

営/8:00〜17:00(ランチタイム12:00〜14:00)※通し営業
日曜休

定休日/日曜

価格は税込(2020年3月現在)


商品名たまごサンドイッチ
商店街名入三商店会
店名・施設名喫茶ヤグマ
最寄駅JR大森駅 京急平和島駅
住所〒143-0016 東京都大田区大森北4-25-12谷熊ビル
お問合わせ03-3761-7012
定休日日曜

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)