東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[LOVEカレー]中央 そば処 松登久 カレー丼

グルメ,お土産,逸品
1962年(昭和37年)12月創業の蕎麦店「松登久(まつとく)」。大田区中央の旭通り中ほどにあります、
こちらで食べられるのは「カレー丼」800円(税込)。
専用のカレー粉を松登久さんのだしとかえしで解くお蕎麦屋さんならではの味🍛 丼のお供にはおみそ汁と香のものがつきます。

「グリーンピースは必須です(笑)」と店主の佐藤さん。初代の父と共に味を守っています
カレー粉に塩味(えんみ)はついていないため、カレー丼はそれぞれのお蕎麦屋さんの味になる、とのこと。
松登久さんのつゆは濃いめの江戸前風。だから、やさしい味わいながらキリッとした風味が楽しめます。
豚肉を使うことが多いカレー丼ですが、こちらは岩手菜彩鷄のやわらかい胸肉を。
どことなくまとまりよく、おすまししてる印象🍴

とろみたっぷりのカレー丼。具材はたまねぎと鶏肉のみ。辛みなく、カレーとだしつゆの風味が絶妙に香る

 

ごはんはコシヒカリ。カレーの下にしっかりよそってあり食べごたえ充分。

たっぷりのカレーのおかげで最後まで飽きることなく食べられます。お蕎麦を一緒に食べる人もけっこういるとか。

 

松登久さんのカレーもの、実は普通のカレーライスもあり、ほか2品。

・池上麺業組合青年部(6軒)共通メニューの「激辛! カレー南せいろ」850円

・冬季限定、松登久オリジナル「焦がしチーズのカレー南蛮」850円。

 

「焦がしチーズのカレー南蛮」はカレー南蛮の上にモッツァレラチーズを乗せ、注文ごとに焦がして風味ととろみUP!

先年から出して人気を博した「焦がしチーズのカレー南蛮」。お蕎麦とうどん選べます

 

池上麺業組合青年部、スタンプラリーは終わったけどパンフはあります。https://www.facebook.com/ikemensobaya/

 

国産の蕎麦粉を季節で使いわけ、自家製麺する蕎麦は白い更科系。

今年は鴨肉を変えたり、池麺(イケメン)ビールを企画したりと常に前向きな松登久さん。

直球カレーもいいけど、たまにはいい感じのお蕎麦屋さんでカレー丼……いかがでしょう!


そば処 松登久

〒143-0024 東京都大田区中央7-15-11
営/11:00〜14:30、17:00〜19:30
定休日/水曜日

店名・施設名そば処 松登久
最寄駅池上駅
住所〒143-0024 東京都大田区中央7-15-11
お問合わせ03-3754-2222
定休日水曜

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)