東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[LOVEカレー]西六郷 珈琲と手作りカレーの店 四季 特製ポークカレー

グルメ,お土産,逸品

昭和57年(1982)9月1日開店の「珈琲と手作りカレーの店 四季」。今年37年目を迎えた喫茶店、昭和の上品な雰囲気をまとった空間です。

ここで出されるのは「四季特製カレーライス」。スープ、サラダ付き・750円(税込)。

これで750円、うれしいセットです。コーヒーもセットにすると1,000円。

 

特製カレーの正体は「ポークカレー」。

ゴロリと入った大きな豚肉はやわらかく、カレーと馴染んで美味しさのポイントになっています。

 

旨みと甘みのキーとなる玉ねぎは寸胴鍋で丁寧に炒め、スパイスを合わせて仕込みます。

他の野菜類をと共に具材がとけこんだルーはフルーティでまろやか、少々のコク。だけど、あとでちょっぴり辛さが追いかけてくる不思議!

レーズンが乗ったアーモンド型ライスがなつかしの雰囲気。若い人には斬新かも

 

店主の吉田正明さんは大田区生まれ大田区育ち。今は蓮沼にあるコロムビア茶房で仕事をしていたとか。コロムビア茶房の店主さんとは高校大学の先輩後輩の縁。

 

カレー好きの吉田さん、コロムビアでもカレーを出そうと話はしたものの、隣はカレーの有名店インディアン(今は移転)。勝てないかもね、とあきらめて、自分で喫茶店を開く時はカレーメインで行こうと決めていたとか。

取材時も玉ねぎを炒めながら受け答えしていただきました

 

レーズンを乗せるのは奥様の知枝子さんのアイディア。味のアクセントになると共に、辛さをやわらげてくれる効果もあり、そして見た目可愛い^^

友だちとのランチにもちょっとおしゃれで誘いやすい。コーヒーカップはノリタケ

 

趣味の域を超えた居合は無双直伝美信流、錬士七段の腕前。

休日は包丁を日本刀に持ち替えて、居合道、そして指導に打ち込んでいます。

居合を始めて40年。カレーを作るための健康づくりにも大いに効果ありのようです

 

この昭和らしい外観に惚れました。そして入ってみれば美味しいカレー!

他にもハヤシやナポリタン、パフェ、クリームソーダなどの純喫茶メニューも充実しています。

ちょっとみつけにくいけどぜひ訪れてみてください。


手づくりカレーと珈琲の店 四季

〒144-0056 東京都大田区西六郷1-31-3

03-3735-4988

営/11:00~19:30(L.O.19:00)

定休日/日曜日(月一度、土曜日休み)

商品名手づくりカレーと珈琲の店 四季
最寄駅雑色駅
住所〒144-0056 東京都大田区西六郷1-31-3
お問合わせ03-3735-4988
定休日日曜

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)