東京の縮図を感じる国際都市大田区の商店街紹介

おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)

[LOVEカレー]鵜の木 カフェ・ランスアン 月に一度のジジカレー

グルメ,お土産,逸品

東急多摩川線鵜の木駅出て左方向に進むと、黄色い看板が印象的な「カフェ・ランスアン」が見えてきます。

ここで月に一度間借りして提供されているのが通称「ジジカレー」。

親しみ込めてジジ、と呼ばれる堀洋之さんが作る南インドカレーです!

立ったパッパル(豆せんべい)が特徴のジジカレー

 

普段は別のお仕事をされている堀さん。

数年前、色んなご縁と趣味が高じてカレー教室に通うことになりました。

それから自宅でお客様にふるまううちに美味しさが評判になって、現在に至ります。

大人気、の文字が躍るブラックボード看板

 

サラリ系で、主にライスで食べるのが南インドカレー。具材は肉というよりも野菜や豆、お魚など。

この日もサバカレーがメニューに。

オーダーしたのはサバカレーとナスのココナツマサラの2種合い盛り 1,200円。

 

絶妙にスパイスを組み合わせて仕込んだカレーはやさしいお味。

どちらもココナツベースで、コクとほんのり甘みが効いた滅多に出会えない美味しさです。

だけど、包丁使いはまだ慣れてなくて、切り方もゆっくりだとか。

玄人はだしのココナツカレー。サバはお刺身で食べても美味しい新鮮な生魚です

 

プレートの上にはカレーの他、カボチャのスパイス炒め・ゴーヤのスパイス炒め揚げ・アチャール(インドの漬物)・黒ごまのチャトニ(辛い薬味)。そして揚げたてのパッパル(豆せんべい)。

 

ライスは玄米。島根の田んぼの、限られた何ヘクタールかだけで栽培されるお米です。

その場に白鳥が舞い降りることから、自然に無農薬のエリアになったとか。

カレーの美味しさを支える重要な存在です。

 

カフェ・ランスアン」は元々はカフェ。

現在は農家さんと買い手を直接つないで無農薬野菜などを会員制で販売する「Eベジ cafebarlangsuan.wixsite.com/e-vege」を運営しています。

きれいなカフェスペースはレンタルして、ジジさんのように使っていただいているとか。

早々に完売でにっこりのジジさんこと堀さん^^

 

月に一度の「ジジカレー」。次回開催予定のチェックはランスアンのサイトでどうぞ!


Cafe Langsuan カフェランスアン

〒146-0091 東京都大田区鵜の木2-3-8

03-6715-4160

営/11:00〜18:00

定休日/日・月
ジジカレーは月に一度です

住所〒146-0091 東京都大田区鵜の木2-3-8第三富澤ビル1F
WEBhttps://cafebarlangsuan.wixsite.com/
お問合わせ03-6715-4160
定休日日月祝

写真・コンテンツ等の無断転載を禁じます。
© おーたふる大田区商店街ナビ(大田区の魅力的な商店街を紹介)